ガイガーカウンターの種類

一口にガイガーカウンターといっても様々な種類があります。

それぞれに特徴があり、使用用途によって使い分ける必要があります。



ガイガー=ミュラー管

一般的に普及しているのが、ガイガーミュラー管を使ったガイガーカウンターです。

ガイガー管は以下の図のように、陰極になっている金属で出来た管と、陽極とで構成され、間の空間には不活性ガスが充填されています。

管の片側の先は開いていて、「窓」と呼ばれており、ここからβ線が入ってきます。

β線が窓から中に入ると、不活性ガスをイオン化し電子を出します、これを電極が捕らえることにより、β線を検知することが出来ます。

γ線は透過力が高いので、すり抜けてしまい、検知できません。しかし、陰極が金属で出来ているため、ここにぶつかると電子を弾き出します。

これを電極が捕らえて検知することができるのです。ただ、透過してしまうγ線も多いため、検知できるのはγ線の一部です。

窓には、ガラスや雲母が使われます。ガラスはα線を遮ってしまいますが、雲母の窓であればα線も検知できます。ただ、雲母の窓は破損しやすいため、慎重に扱う必要があります。







パンケーキ型ガイガー管

ガイガーミュラー管には様々なタイプがあります。

パンケーキ型ガイガー管は、金属管の長さを短くし、逆に直径を大きくすることで窓を大きくしたガイガー管です。

窓を大きくすることでβ線に反応しやすく、金属の管の部分を小さくすることでγ線に反応しにくくなっています。

α線とβ線に特化したガイガー管のため、土壌の表面汚染などの用途に向いています。





シンチレーションサーベイメーター

電離放射線を受けると蛍光を出す物質がシンチレータです。

この光を光検知器で電気信号に変換し、これを解析することで放射線のエネルギーを区別し、放射線量を導き出します。

ガイガー管を使っているわけではないので、正確にはガイガーカウンターではなく、シンチレーションサーベイメーターと呼ばれます。

ガイガー管のものは単純に放射線の数を検知して、
(設定されたある核種のエネルギー)×(検知した放射線の数)でシーベルトの値を導き出します。

一方シンチレーションは、エネルギーの大きさも検知できるため、正確なシーベルトの値を導き出せます。


また、シンチレーションサーベイメーターには、エネルギー保障型というものがあります。

シンチレータは、放射線のエネルギーにより感度が違い、校正時とエネルギーの違う放射線を受けると、シーベルトの値に狂いが生じることがあります。

エネルギー保障型は、放射線のエネルギーを検知し、そのエネルギーに合った校正値を使ってシーベルトの値を導くため、どのような状態でも正しい値を表示します。














このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています